土地の有効活用を使って相続税を節税しましょう

相続税は賃貸物件を利用して節税できる!

2015年、税制の改正が行われ相続税の負担額が大幅に上昇しました。せっかく亡くなった家族が残してくれた財産、なるべく払う税額を減らして残された家族のために使いたいものですよね。そこで相続の上でとても有効な節税方法と言われているのが土地の有効活用です。土地の有効活用とは、アパートなどの賃貸物件を相続した財産で立てて、土地の評価額を下げ相続税の対象となる評価額を下げる方法です。現金や更地で相続した財産を賃貸物件にすることによって、相続税の金額を減らすだけではなくその後、家賃収入という継続的な収入を得ることができるのです。

現金と借家物件で評価額はどのくらい下がる?

それでは、現金をそのまま相続した場合と賃貸物件に変えてから相続した場合、一体どのくらい相続税に差が出るのでしょうか。税の計算は複雑なので細かい数字までは専門家に相談しないとわかりませんが、現金を借家にかえた場合、評価額は約30%減ると考えられています。つまり、1億円の現金を相続した場合、現金だと相続税の対象となる金額は1億円そのままですが、1億円分の賃貸物件に変えた場合は30%減った7,000万円が評価額となるのです。相続税は評価額を基準に計算されるので、かなりの節税対策になりますよね。

将来まで考えた賃貸物件での相続税対策を

さて、相続税を節税するために行う賃貸物件の購入や管理ですが、方法を間違えると将来的に損をしてしまう場合もあります。賃貸物件を建てる、もし相続した財産だけで足りなければ銀行などで融資を受ける必要が出てきます。これらの返済や、老朽化していく建物の管理費などを加味して1年に入るはずの収入を計算し、ローン返済が終わった時により多くの手取り金額が残る様に調整しなければならないのです。場合によっては相続税対策はばっちりできても総合的な利益は減ってしまったなんてこともあり得ます。税の計算や管理はとても難しいので、しっかり先のことまで見据えて亡くなった家族が安心できる将来設計を行っていきましょう。

相続税対策は税理士に相談しましょう。うまくやらないと贈与とみなされて贈与税が課せられたりすることもあります。

Back To Top