知っておきたい!賃貸の契約時に必要な費用

契約時に必要な費用の種類とは?

賃貸の部屋を借りるときは、敷金・礼金・仲介手数料などのまとまったお金が必要になります。その相場としては、家賃の4ヶ月~6ヶ月分が必要になると言われています。このうち、大家さんへ支払うものは敷金・礼金と前家賃になり、不動産業者へ支払うものは仲介手数料になります。敷金については、家賃の滞納による損失や部屋の修繕費をあらかじめ預けておくという意味のものであり、問題がなければ退去時に返還されるものです。しかし礼金は、大家さんに対するお礼の意味で支払われるものであるため、返還されることはありません。

契約時に必要な実際の費用はいくらか?

契約時に必要な費用の相場は、全体で家賃の4ヶ月~6ヶ月分だと言われているため、例えば、家賃が5万円の場合だと20万~30万円が必要になるということになります。その内訳は、敷金が家賃1ヶ月~3ヶ月分と、礼金が0~2ヶ月分、そして仲介手数料が0.5ヶ月~1ヶ月分というのが相場額で、さらに前家賃の1ヶ月分がプラスされるというものです。またこれ以外にも、火災保険や鍵交換の費用がかかる場合もあります。いずれにしても賃貸の契約時には高額な費用がかかるため、十分な資金の準備が必要だと言えるでしょう。

敷金・礼金ゼロ物件とは?

最近では、「敷金・礼金ゼロ」などと宣伝されている物件も多く見られます。このような物件のメリットは、初期費用が軽減されることであり、中には前家賃も支払わなくていいというケースも見られます。ただし、退去時の原状回復費用が高くなったり、保険会社への加入が義務付けられる場合もあります。敷金・礼金ゼロの物件は、初期費用をあまり負担できない場合などには便利ですが、契約内容をよく検討した上で選ぶことも必要だと言えるでしょう。

札幌市清田区の賃貸の特徴として、都市部への交通アクセスが優れていることや、景観が良いことなどがあります。

Back To Top